大黒学会公式サイト > 大黒書

大黒書

The Book of Daikoku
[ 日本語 | English ]
第零版alpha03
最終更新日――2018年4月23日(月)
著者――大黒学

目次

[第一節]概要

第一項 この経典(「大黒書」)は、 「大黒教」(だいこくきょう、Daikokism)という宗教を記述したものである。
第二項 「大黒書」という経典の題名、「大黒教」という宗教の名前、 およびこの宗教において定義される「大黒」という神の名前は、 この経典の著者である「大黒学」(Daikoku Manabu)という人間の姓に由来する。

[第二節]神々

第一項 自由意志を持つ存在者、または神の集合は、 「神」(god)と呼ばれる。
第二項 霊的な存在者は自由意志を持つ。 したがって、霊的な存在者は神である。
第三項 自由意志を持つ生物などは、神である。

[第三節]大黒

第一項 自由意志を持つすべての存在者の集合は、 「大黒」(Daikoku)と呼ばれる。
第二項 摩訶迦羅(Mahakala)と大国主(オオクニヌシ)は、 人格化された大黒の象徴である。

[第四節]世界

第一項 実在するすべての存在者は、 「現実世界」(the real world)と呼ばれる世界の中に存在している。 現実世界とは、無数に存在する可能世界の中から選び出され、 現実性を付与された一つの世界のことである。
第二項 「自由意志を持つ」ということは、 「自身に与えられた可能世界の部分集合の中から一つの世界を選び出し、 それに対して現実性を付与する能力を持つ」 ということと同義である。
第三項 偶然というものは存在せず、いかなる事象も、 物理的な必然性または何らかの神の自由意志に基づいて生起する。 したがって、大黒は、 すべての可能世界を要素とする集合の中から一つの世界を選び出し、 それに対して現実性を付与する能力を持つ存在者である。
Creative Commons License This sutra is licensed under a Creative Commons Attribution 2.1 Japan License.
大黒学会公式サイト > 大黒書
Copyright (C) 2014-2018 Daikoku Manabu